オイルショックによって倒産の危機にひんしたものの、消費者目線の商品開発でヒットを連発してピンチを脱したアイリスオーヤマ。快進撃を支えたのは、「問題の本質を捉えて改善策を講じれば、ピンチはチャンスに変えられる」という大山社長の強い信念だった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>