さまざまな家電をネットワークでつないで、操作や消費電力の効率化を目指す「スマートホーム」。この分野にはパナソニックやKDDIなどの大手企業も参入しているが、まだ定番といえる商品はない。そこにPCメーカーのマウスコンピューターが、2万円台でひと通りそろうキットを投入した。