誰でもAIを作れる時代が近づいている。多くの企業が自社のAI技術をウェブに公開しており、個人でもチャットボットなどのAIサービスを開発できる時代になっているのだ。手を動かして“AI作り”を体験すれば、理解も深まり一石二鳥だ。