「労働人口の49%が代替可能」と聞くと、「自分の仕事は大丈夫か?」と気になってしまう。では、なくなりそうなのはどのような仕事なのか。「士業」「社内」「その他専門職」の3分野の職業で考察していく。