財務担当の部署でなくても、決算書の数字が少しだけ読めれば、仕事上での恩恵も大きい。営業であればお金を持っている取引先を狙い撃ちできるし、就職・転職の際に会社の将来性を加味して企業を選ぶこともできる。