15年から炊飯器事業に参入しているアイリスオーヤマ。昨年は、パナソニックや三菱電機が5万円以上の上位機種にのみ搭載している「銘柄炊き分け」の機能を、3万円以下の炊飯器に搭載して話題になった。アイリスオーヤマは13年から精米事業も手がけており、そこで米の吸水性などのデータを蓄積。低価格の銘柄炊き分け炊飯器の開発につなげている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>