“卵(ラン)パク質”からエンドウ豆、薫製カツオバーまで。新種のプロテインフードにシニアや女性が飛び付く