ニュースアプリの「スマートニュース」や「Antenna」などにもマイナビ発のニュースは配信される。ニュースアプリの方は掲載本数に制限があるものの、ニュース提供社がひとたび“ニュース記事”として取り上げれば、それは半自動的に契約先のニュースポータルに転載されて、多数のネットユーザーにリーチすることになる。中でもやはりYahoo!ニュースの存在感は圧倒的だ。マクロミルの協力を得て全国20~40代の男女300人に「よく見るニュースサイト、アプリ(※月1回以上)」について複数回答可で尋ねたところ、84.0%の人がYahoo!ニュースを挙げ、15.7%で2位のGoogleニュース以下を大きく引き離した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>