王子ネピアは消臭機能付きのトイレットペーパー「ネピア におわん」と「ネピア におわにゃん」のプロモーションの一環として、グーグルの地図サービス「Google マップ」と連動して、広告上で自社商品の取扱店舗を案内するディスプレイ広告の配信を6月1日から始めた。商品に関心を持った消費者をメーカーが流通店舗へ誘導する、“メーカーO2O広告”とでも呼ぶべき取り組みだ。2週間の配信後、POS(販売時点情報管理)システムのデータと突き合わせて分析する。ネット広告と売り上げの相関性の分析は、同社として初めての取り組みとなる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>