リコーが全世界的にマーケティングオートメーション(MA)ツールの活用に本腰を入れ始めている。リコーが主導する形で、国ごとのニーズや市場環境に合わせて、各国の販売会社にMAツールの導入を順次進めている。国内においては、リコージャパンが昨年から試験的に導入して、3Dプリンターの営業活動に活用し始めた。国内における既存事業は、これまで培ってきた営業力でカバーできている。一方、3Dプリンターは営業先が製造業や工場などになり、一から顧客を開拓する必要に迫られた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>