今国会中に成立すると見込まれる「個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律」(以下「改正法」)は、個人情報の保護強化とパーソナルデータの活用促進の両面から、ビジネスに大きな影響を及ぼす見込みである。