体重と体脂肪、6項目の体調情報を毎日記録するだけで、自分の健康状態に応じた記事コンテンツや広告コンテンツが配信される──。リクルートホールディングスの実証研究機関であるメディアテクノロジーラボは3月、同社の健康管理アプリ「RecStyle」をリニューアルし、新たな広告配信を開始した。同社のヘルスケア事業の一環で、「コンテンツ配信の実験的な取り組み」(同社)という位置づけだが、ユーザーの体調に応じたネイティブ広告が訴求できる「体調連動型広告」として、注目が集まりそうだ。