三越伊勢丹ホールディングスが、メディア事業を通じて取り組んだデジタルマーケティング人材の育成が成果として表れ始めた。同社は、ネットメディア事業のイードと共同出資で設立したファッションヘッドライン(東京都新宿区)を通じて、月間80万人が訪れるファッション情報サイト「FASHION HEADLINE」を運営してきた。ファッション特化型サイトとしてメディアの価値を高めて、単価の高いタイアップ広告や純広告を獲得。