ソーシャルメディア戦略活用の主役はまだFacebookなのか、あるいはLINEやTwitterに譲るのか──。もちろん、正解はない。企業が開設するFacebookページからの無料投稿がファン登録者の何%に表示されるかを示すリーチ率が年々下降する中、この難問に正面から向き合い、自社なりの解を見いだして新たな取り組みをした企業が、売り上げ貢献でも成果を上げていた。本誌がここで発表する「第4回ソーシャル活用売上ランキング」から見えてきた結論である。