資生堂がDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)を活用した広告配信を積極化している。昨年7月に自社サイト「ワタシプラス」の顧客情報やアクセスログに基づいた広告配信を始めた。さらに、11月には新規顧客の効率的な獲得を目指して、「Yahoo!DMP」の活用を開始。ヤフーの持つオーディエンスデータを組み合わせた広告配信を実施した。その結果、データに基づいて配信した広告は、単純なデモグラフィックによるターゲティング広告と比較して、クリック率(CTR)が5倍、成約率(CVR)は3倍高くなる成果につながった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>