カタログ通販事業の「ディノス」は、EC(電子商取引)サイトのマーケティングにおいて検索連動型広告の成約率(CVR)の低下という課題を抱えていた。「キーワードの追加や変更、入札価格の最適化など、さまざまな手を打ってきたものの、限界が近づいていた」とディノス・セシールのディノス事業ディビジョン営業推進本部マーケティング部WEB推進ユニットの井筒秀樹ユニットマネージャーは振り返る。