カタログ通販事業の「ディノス」は、EC(電子商取引)サイトのマーケティングにおいて検索連動型広告の成約率(CVR)の低下という課題を抱えていた。「キーワードの追加や変更、入札価格の最適化など、さまざまな手を打ってきたものの、限界が近づいていた」とディノス・セシールのディノス事業ディビジョン営業推進本部マーケティング部WEB推進ユニットの井筒秀樹ユニットマネージャーは振り返る。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>