東急ハンズは店舗と自社EC(電子商取引)サイト「ハンズネット」をシームレスに統合して、どの販売チャネルでも顧客に同一の購買体験を提供するオムニチャネル戦略を一気に推し進める計画だ。9月25日、ハンズネットに店舗受け取り機能を付加。12月には、スマートフォン向けのアプリを提供し、店舗とECとの連携をさらに一段、高度化する。「消費者はスマートフォンを使い、既にリアルとネットを自由に行き来して買い物を楽しんでいる。そうした購買行動に事業者側も対応すべきと判断した」。東急ハンズITコマース部EC課の緒方恵氏はオムニチャネル戦略を進める理由をこう説明する。