学生アルバイトの非常識な行動がソーシャルメディア上に拡散して炎上する事件が相次いでいる昨今。こうした問題行動がなぜ起こってしまうのか。そして、企業はどう対策を取ればよいのだろうか──。原因を考察すると、ソーシャルメディアガイドラインの策定や企業内研修の実施だけでは防ぎきれない可能性が高いことが分かってくる。防止のカギとなるのは、炎上リスクを「自分ごと」することにある。