江崎グリコが開設している会員制Webサイト「グリコクラブ」は、「友の会」から発展してきた。1980年代に実施していた「グリコ アイスクリーム友の会」というのがそれだ。ハガキで応募するキャンペーンで集めた消費者約5万人に対して年2回、会報誌を郵送していたという。Web化したのも2002年と、業界の先駆け的な存在。だが、見るべきはその歴史の長さばかりではない。会員数は従来型の携帯電話向けの兄弟サイトと合わせても約62万人と決して多くはないが、ロイヤルティが高い人が自然に集まる仕組みがある。CRM(顧客関係管理)が再注目される今こそ、その原点とも言える小粒な会員制コミュニティサイトから学べることは多い。