文具メーカーのゼブラは8月19日から、アプリ開発会社コミュニティファクトリー(東京都港区)のスマートフォン向け写真装飾アプリ「DECOPIC」を活用した投稿型キャンペーンを始める。DECOPICの主な利用者である若年層の女性に、ボールペンブランド「サラサクリップ」を訴求することを狙う。DECOPICは、スマートフォンのカメラで撮影した写真をスタンプやフレーム、文字などで装飾できるアプリだ。ゼブラはこのキャンペーンで、DECOPICで使える「写真を装飾するための素材」を一般から募集する。