「北海道Likers」「百人ビールラボ」などFacebookを使ったソーシャルマーケティングを進めてきたサッポロビールは、8月から「痛風ソーシャル」という企画を始める。サッポロビールは従来から、テレビCMを中心としたマスメディア広告を重視してきたが、若年層のテレビ離れや、録画視聴によるCM離れが進む中で、戦略の転換を迫られていた。今年4月、「デジタルマーケティング室」を設置するなどして、急ピッチで新時代に対応しようとしている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>