「アルコール離れ、ライト化、低価格化というマストレンドがある一方、嗜好性の強い、クラフト志向のビールが支持されている。いま米国ではプレミアムビールの市場が10%ほどあり、日本にも可能性はきっとある、そう見込んでいた」。キリンビールが自らスペシャリティプレミアムビールとうたう「GRAND KIRIN(グランドキリン)」の開発と、発売後のブランディングなどを手がけた同社マーケティング部商品開発研究所新商品開発グループの山口洋平氏は「モバイル&ソーシャル WEEK 2013」の講演で、そう語った。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>