「(ネスレのコーヒーブランドである)『ネスカフェ』の認知度はほぼ100%に近い。チョコレート菓子の『キットカット』も同様だ。では、ここから売り上げを伸ばすにはどうすればよいか。消費者コミュニケーションをマス広告中心からPRへシフトさせたところ、その効果が出始めている」。「モバイル&ソーシャル WEEK 2013」の最終日。基調講演に登場したネスレ日本の石橋昌文チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)はこのように語り、「成熟市場でも、さらに売り上げと利益を伸ばせる」と訴えた。