無料通話・メールアプリ「LINE」の企業活用に異変が起きている。LINEが昨年6月に開始した、企業向けのマーケティングサービス「LINE公式アカウント」を閉鎖する企業が相次いでいるのだ。今年の5月以降、公式アカウントを閉鎖する企業が増加している。そればかりではない。現在、公式アカウントを利用している企業のうち、3社に1社は条件によってはやめることを考えている。そんな驚くべき実態も浮かび上がってきた。