ドラッグストアの業界団体である日本チェーンドラッグストア協会はネット販売の自粛要請を解除した。業界にとってネット販売の解禁は、販売ルートの拡大である一方、参入障壁の低下によって、収益源だった大衆薬で価格競争の激化を招く恐れがある。利幅の取れる大衆薬で得た利益を日用品や食品、化粧品などの値引き原資に回して出店を加速してきた業界にとって、安穏とはしていられない事態だ。ではドラッグストア各社は、安売り攻勢を仕掛けてくるEC専業事業者をどのように迎え撃つのか。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>