店舗数が約440店と多くないこともあり、日本サブウェイに、例えば日本マクドナルドのような「マーケティング巧者」のイメージはあまりないだろう。だが、それは少しばかり違っているようだ。例えば、オムロンヘルスケア(京都府向日市)と共同で実施した「オム×サブ」というキャンペーンでは「野菜のサブウェイ」というブランディングのために設けている特設サイト「野菜ラボ」への訪問者数が5倍になるという成果を上げている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>