キーワードの4つ目は「共感」。これは想像しやすいだろう。別名「いいね!」消費と言ってもいい。ソーシャルメディア上の友人が「この本は面白かった」と感想をつづっていたため同じ本を買ったという経験はソーシャル利用者の多くがしているはずだ。野村総合研究所は、ソーシャルメディアによって誘発される「共感型」の消費を4分類し、市場規模を算出した。この中で、消費規模としては4600億円で3位だが、2011年からの増加額はトップの1200億円、率にして35%増と伸び盛りなのが「ネタ消費」。ソーシャル上に写真つきで投稿して、「いいね!」「何これ?」「ビックリ」といった反響を得たいがための消費だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>