産業用センサーを開発・販売するオプテックス・エフエーは3月から、センサーの大量導入が期待できる企業に対して、業種などで内容を変えて個別に最適化したメールを作り営業担当者を通じて配信するマーケティング施策を始めた。「各工場の機器にどのセンサーを使うかを本社が一括管理するのではなく、工場に委ねている企業が多い」。こう説明するのは、オプテックス・エフエーでデジタルマーケティングを手掛ける事業支援部事業支援課販売促進担当の石谷高宏氏だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>