電子部品大手のロームは7月から、デジタルマーケティングを活用した自社の営業活動の支援を始める。展示会などに出展したブースで獲得した見込み客に対するメール配信の反応や、Webサイトの閲覧履歴などからロームの製品に関心が高く契約に結びつく可能性が高いと思われる見込み客を選別して、営業担当者につなぐ。選別した後にも、配信したメールマガジンへの反応やロームのWebサイトの利用状況を分析することで、営業担当者が見込み客のニーズに合った営業活動をできるように支援する。