複合機などオフィス機器大手の富士ゼロックスは、自社およびグループ会社のサイトを昨年12月末までに一斉にリニューアルした。新サイトでは、パソコン、スマートフォン、タブレット端末とユーザー側の利用端末に応じてコンテンツを最適に表示する仕組み「レスポンシブウェブデザイン」を実装した。国内外の企業で導入が進みつつある注目の手法ではあるが、BtoB企業である富士ゼロックスが率先して採用したのはなぜか?

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>