日経デジタルマーケティングは1月30日に都内会場で、「ソーシャルリスク教育とガイドライン作成」セミナーを開催した。昨年10月に開催した「ソーシャルメディア時代の企業リスクとガイドライン作成」の第2弾として企画したものである。今年4月には1990年代生まれの“デジタルネイティブ”な四大卒生が入社し、春の研修シーズンの準備期とあって企業側の関心は高く、人事やコンプライアンス、リスク管理といったコーポレート部門の責任者を中心に聴講者は70人を超えた。