ローソンとヤフーは1月16日、食品・日用品の定期宅配事業「スマートキッチン」を1月17日に始めると発表した。運営するのは、ローソンが51%、ヤフーが49%を出資するスマートキッチンだ。共働き家庭の主婦などをターゲットに会員を集めるとしており、2015年度に会員数70万人、売上高1000億円を目指す。ただこの共同作業は、必ずしも順風満帆ではなさそうだ