ローソンとヤフーは1月16日、食品・日用品の定期宅配事業「スマートキッチン」を1月17日に始めると発表した。運営するのは、ローソンが51%、ヤフーが49%を出資するスマートキッチンだ。共働き家庭の主婦などをターゲットに会員を集めるとしており、2015年度に会員数70万人、売上高1000億円を目指す。ただこの共同作業は、必ずしも順風満帆ではなさそうだ

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>