連載第3回まで見てきたように、2013年はトリプルメディア間をつなぐサービスが浸透し、オンラインとオフラインを結ぶマーケティングの商機が高まりそうだ。それに呼応するように、アクセス解析の世界も変わろうとしている。パソコンやスマートフォンなどのデバイスを使い分け、オンラインとオフラインを動き回るユーザーを一つの像として捉えた分析を可能にしようとしているのである。サイトのアクセス解析という概念を超え、「顧客関係分析」へ進化するとも言えるだろう。