ソニーマーケティングはこのほど、ディスプレイ広告の活用方針を大きく転換した。10月以降に始めたキャンペーンの大半で、出稿先を大手ポータルサイトから購入する純広告から、アドネットワークに切り替えた。同時に自社側で広告配信を一括管理する第三者配信サービスと、広告枠を1インプレッション単位でリアルタイムに購入するDSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)の利用を開始した。こうした新しい広告技術はEC(電子商取引)企業での利用が先行し、ブランディング目的でネット広告を出稿する大手企業は純広告の活用が中心だった。ソニーの成果次第でブランディング関連での利用が進む可能性がある。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>