最近、O2Oをうたうソリューションサービスの提供にまつわる話題に事欠かない。関連サービスは増加の一途をたどっている。そこで本誌はO2O関連サービスの現状を整理し把握するため、国内のO2O関連サービスをオンラインとオフラインの軸をベースに分けて、カテゴリーごとにまとめたマップを作成。また、米国のO2Oサービスの潮流を8つの領域に分類した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>