母親も応援する――。新たなブランディング戦略を進めるため、ユニ・チャームは紙おむつブランド「ムーニー」でFacebookを活用している。ムーニーのFacebookページでは、投稿に対するいいね!の数が、時にファン数の約2割に達するなど、高いエンゲージメントを誇る。売り上げへの貢献も見え始めた。とはいえ同社のFacebookページ運営は、必ずしも順風満帆で進んできたわけではない。Facebookでの炎上寸前の危機も乗り越えながら、ファンとのきずなを深めている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>