「購入までのプロセスをシナリオ化しやすいBtoB(企業間)系製品こそデジタルマーケティングに向く」。キヤノン製品の国内マーケティングを担うキヤノンマーケティングジャパン(MJ)でWeb活用を推進するコミュニケーション本部ウェブマネジメントセンター所長の増井達巳氏はこう断言する。商談のきっかけ作りから営業がクロージングに持っていくまでの間を、デジタルは効率的にサポートできる。特に顧客のニーズがキーワードに表れる検索からの誘導は重要だと言う。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>