企業・団体がソーシャルメディアガイドラインを策定することは、2年前の2010年時点ではまだ国内では事例が少なく、それだけでニュースバリューがあった。その後、各社で策定が相次いだこともあり、策定したこと単体でニュースになることはめっきり少なくなっている。そんな中、「よく出来ている」「完成度が高い」とこの夏、ソーシャルネットワーク上で評判になったガイドラインがある。