損害保険ジャパンが8月27日に配信を開始した安全運転支援アプリ「Safety Sight」が、無料ユーティリティという分野限定ながら日本のApp Storeランキング1位を獲得した。同社がスマートフォン向けのアプリを出すのはこれが3本目。新しく出すアプリほどダウンロード数増加の勢いは増しているという。損保ジャパンはなぜここまでスマートフォンに力を入れるのか。そして、どんな成果を得ているのだろうか。