損害保険ジャパンが8月27日に配信を開始した安全運転支援アプリ「Safety Sight」が、無料ユーティリティという分野限定ながら日本のApp Storeランキング1位を獲得した。同社がスマートフォン向けのアプリを出すのはこれが3本目。新しく出すアプリほどダウンロード数増加の勢いは増しているという。損保ジャパンはなぜここまでスマートフォンに力を入れるのか。そして、どんな成果を得ているのだろうか。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>