ライフネット生命保険と湧永製薬。業態も歴史も全く異なるこの2社の共通項は、社長が自分でソーシャルメディアの投稿をすることだ。そこで出てきた「小さなリスクと大きなリターン」。その真意は? 続いて住友スリーエムがソーシャルメディア活用のガイドラインを作成し公表した狙いを紹介。また野村総合研究所はプライバシーリスクなどの勘所を説明していった。