ロンドン五輪は、ソーシャルメディアが世界的に普及した時代における初めての開催となる。いわば、「ソーシャル五輪」との位置づけもできよう。開催に向けて、五輪スポンサー企業各社は、五輪を活用したプロモーションを展開している。アクエリアスのテレビCMのほかにも、Twitterや「Facebook」といったソーシャルメディアと連携するキャンペーンが続々登場する。