ギャップジャパンのFacebookページには約14万人のファンが登録している。そのファンに、いかにして来店してもらうかが課題だった。Facebookページで対話を続ければ、よりブランドに親近感を持ってもらうことは期待できる。ただ「当社の強みである接客力、スタッフの笑顔を体験してもらえれば、もっとブランドへの好感度は高まるはず」(同社)。Facebook上のファンに、実際に来店してもらうためのきっかけを作る狙いから生まれたO2O(オフライン・トゥ・オンライン)企画が、実店舗で販売スタッフのコーディネートに「いいね!」をできる「ハイタッチ!でいいね!」だった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>