東京・下北沢に4月25日オープンした、お酒も飲める新形態店舗「ROUTE25」。日本ケンタッキー・フライド・チキンは、これにあわせて公式スマートフォンアプリの提供を開始した。このアプリが利用できるのはROUTE25店だけ。にもかかわらず、提供開始から1カ月足らずでダウンロード数は7万件を超えた。店頭にある「カーネル・サンダース」の立像などをスマートフォンのカメラで写すと、その画面内で関連映像が流れてきて店舗限定の特別クーポンが入手できる。そんなAR(拡張現実)機能を発案したのは渡辺正夫社長だったという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>