サントリーホールディングスは6月4日、キャンペーン応募の会員制ポータルサイト「サントリータウン」をスマートフォンに完全対応させた。同様の会員制サイトでは、日本コカ・コーラが「コカ・コーラ パーク」を運営しており、会員の数は1100万人に達している。サントリーは後発ながら提供ゲームのスマホ完全対応などで差異化し、1カ月当たり延べ100万人以上の商品キャンペーン応募者などを通じた会員獲得を進める。サントリータウンを顧客との継続的な接点の場に育てると同時に、全社的なスマホ対応の“先兵役”にも位置づける。