自社でサイトの大きな改革をして、それが知己の同業者から不評でも、経営戦略上の誤りだったとは限らない。むしろ、収支改善という結果を導き出すこともある。近江牛販売の専門EC(電子商取引)サイト「近江牛.com」のサカエヤの事例からは、そんなことが言えそうだ。