現在、この読者限定サイトで連載している資生堂の直販サイト戦略。既存販路からの反発を受けながらも実施へと踏み切った理由の1つに、「顧客と直接接点を持ることで、より多くの顧客関連情報を取得してマーケティングを進化させる」という狙いがある。扱う商品こそ異なるが、同様な戦略を描くのがガス器具メーカーのリンナイだ。こちらは既に成果も出始めている。自社EC(電子商取引)サイトで顧客と直接つながることで、そのニーズを把握しヒット商品のヒントをつかみつつある。