あれから1年が過ぎた。3月11日の夕方、仙台市青葉区の東北大学片平さくらキャンパスには、300個のキャンドルがハート型に設置された。その一角で、「上を向いて歩こう」のバイオリン演奏が終わると、色とりどりの風船が一斉に放たれ、夕闇迫る寒空を彩った。これは楽天が主催したイベント「思いを東北へ。鎮魂と希望のセレモニー」の一幕である。