昨年12月、ニッセンの「Facebookページ」が忽然と消えた。ソーシャルメディアへの取り組みで積極的な1社として知られる同社が、活用の限界を感じてのことなのか。答えは否。消えた背景を探っていくと、同社の新たなソーシャルメディア戦略が浮かび上がる。通信販売を生業とし、パーソナルマーケティングを標榜する同社だからこそ、より“売り”につなげるためのソーシャルメディア戦略に舵を切った。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>